Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪日本の謝罪を要求≫

 韓国政府が徴用訴訟問題の解決策として政府傘下の財団が被告の日本企業の賠償支払いを肩代わりする案を示したことに対し、原告の徴用被害者は17日、憤りをあらわにした。南西部の光州で政府の解決策を非難する60の市民社会団体が開いた記者会見で、原告の梁錦徳(ヤン・クムドク)さんは「あした死ぬとしても、韓国がくれる汚い金は受け取らない」と述べた。

 梁さんは「日本から金をもらうとしても、日本がひざまずいて謝罪するまではどんな金も受け取らない」とし、「私が望むのは日本の謝罪だ」と語気を強めた。

 (2023年1月18日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。