Go to Contents Go to Navigation
映像

≪公開1週間で≫

 俳優のファン・ジョンミン、ヒョンビン主演の韓国映画「交渉」(原題)が韓国公開から7日目の24日、観客動員数100万人を突破した。

 イム・スンレ監督が手掛けた同作は2007年に実際に起きた人質事件を題材に、イスラム主義組織タリバンの人質となった韓国人を救出するため外交官と情報機関・国家情報院(国情院)の要員が繰り広げる交渉作戦を描いた。

 ファン・ジョンミンが外交官を、ヒョンビンが中東地域を専門とする国情院要員を演じ、韓国映画として初めてヨルダンで現地ロケを敢行。没入感の高い映画との評価を受けている。

 (2023年1月25日、聯合ニュース)

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。