Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪金正恩氏が視察≫

 北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星18」の発射実験を13日に実施したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が発射を視察した。

 金正恩氏は「火星18の開発は戦略的抑止力の構成を大きく再編させる」とし、「核反撃体制の効用を急進展させ、軍事戦略の実用性を変革させる」と評価した。

 北朝鮮が液体燃料式に比べて事前に発射兆候を捉えたり先制対応を取ったりするのが難しい固体燃料式ICBMを発射したと明らかにしたのは初めて。

 (2023年4月14日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。