Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者の名を冠した奨学金

写真 2019.04.17 15:02
慰安婦被害者の名を冠した奨学金
慰安婦被害者の名を冠した奨学金

旧日本軍の慰安婦問題の解決を求めて毎週水曜日、ソウルの日本大使館で開かれている「水曜集会」で、1月末に死去した慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さんを記憶し、慰安婦被害の惨状を伝えるために設けられた「金福童奨学金」の授与式が行われた。女性・人権団体などで働く活動家の子どもの大学生25人が選ばれ、金さんの葬儀の際に寄せられた弔慰金に基づき、1人当たり200万ウォン(約20万円)が贈られた。授与式で記念撮影する奨学生ら=17日、ソウル(聯合ニュース)

2019.04.17 15:02
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。