Go to Contents Go to Navigation

「ク・ハラ法」成立を 兄が訴え

写真 2020.05.22 10:57
「ク・ハラ法」成立を 兄が訴え
「ク・ハラ法」成立を 兄が訴え

昨年11月に亡くなった韓国ガールズグループKARA(カラ)の元メンバー、ク・ハラさん(享年28)の兄(右から2人目)が国会で記者会見を開き、子どもの扶養の義務を著しく怠った親について、子どもの遺産を相続できないようにする民法改正案(ク・ハラ法)の成立を求めた。同改正案は今国会の閉会に伴い廃案になる見通しだ。同氏は20年以上前に家を出て扶養の義務を怠ったク・ハラさんの母親がクさんの遺産を相続するのは不当だとして民法改正を求めている=22日、ソウル(聯合ニュース)

写真 2020.05.22 10:57
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。